寝言と文句

 

 

寝言と文句について

寝言で自分のパートナーが文句を言っていると、それが本音なのかどうか分からず、問いただして言い争いになるというケースは決して少なくありません。

 

寝言なので無意識に言っている可能性が高いですし、そこまで気にする必要はないかもしれませんが、その文句をスルーできないと考える方が多いはずです。

 

確かに、寝言では文句を言っているかもしれませんが、それが必ずしも本音だとは限らないので、一度ゆっくりと二人で話し合うのが良いと思われます。

 

夢の中の出来事なので、当人は何も考えていないかもしれませんし、自分でも脈絡のない言葉を発することも少なくないので、それがあなたに対する文句ではなく、夢の中で争っている人への文句かもしれないのです。

 

全ての人が夢の一部始終を覚えているわけではないので、問いただしても無駄かもしれませんが、お互いに話し合う機会を設けるという意味では、非常に重要だと説明できます。

 

とは言え、寝言ではっきりと文句を言っており、それが毎日のように続くのならば、当人にかなりのストレスが溜まっていると考えた方が良いでしょう。

 

何気なく寝ている最中に言葉を発することもあり、寝言は基本的には生理的な現象の一つですが、ストレスが過度に溜まっていると、激しい文句のような寝言が増えるという特徴があります。

 

特に、普段は文句の言えないようなタイプの人間は、寝ている最中にストレス発散として寝言を発することが多いので、精神的なストレスが溜まっているというわけです。

 

生理的な寝言であれば気にすることはないものの、ストレスが積み重なり、その影響で寝言が激しくなっていることもあり、大きな病気へと発展するかもしれません。

 

実際に、ストレスで不眠症に悩まされるという方は増えており、心の中にある不安や心配事が目を瞑っていてもつきまとい、いつまで経っても眠れないという症状が引き起こされます。

 

それに、寝言が引き起こされるということは、浅い眠りの状態が長く続いていると仮定できるので、睡眠不足に繋がるというわけです。

 

現代人は忙しいという理由で睡眠不足の方が多いものの、寝不足の状態が長く続いていると咄嗟の判断力に欠け、集中力もなくなるので思いがけない失敗や事故に繋がることもあります。

 

誰かへの文句の寝言からここまで心配するのはいきすぎかもしれませんが、ストレスが過度に加わることで寝言が多くなるのは事実なので、定期的に発散させるようにしてください。


 

 

「寝言の特徴」に関するページ