寝言と本音

 

 

寝言と本音について

「寝言で言っていることは本音なの?」という疑問を抱えている方がいらっしゃいます。

 

確かに、寝ている時は無意識に近いですし、寝言や夢は疑似を含む体験から生まれるものだと言われているので、限りなく本音に近いなのです。

 

実際に、寝言で知らない女性の名前が出てきたり、自分を侮辱するような言葉を発していると、それが本音だとショックを受けてしまうかもしれませんが、必ずしもそうだとは限りません。

 

寝ている本人ですら意味も脈絡も分からない言葉を寝言で発している可能性はありますし、今まで自分が喋ったことのない外国語を話すという方もいらっしゃいます。

 

寝言は、その時に見ている夢の中でも言葉が言語中枢を通じて口から出てしまった現象なので、絶対に本音だとは限らないのです。

 

夢の中では様々な感覚がリアルに働いており、現実と錯覚したような感覚で夢の中で喋る言葉が寝言で、実際に夢の中の動きと合わせて身体が動く場合もあります。

 

基本的に脳からの指令は寝ている最中は遮断されているため、夢の中の動きと合わせて身体が動くことはありませんが、何らかの原因で指令の遮断が不完全になることで、身体を動かしたりするのです。

 

そのため、自分がショックを受けるようなことを寝言でパートナーが口走ったとしても、それは本音ではないかもしれないので、そこまで深刻に気にする必要はないでしょう。

 

それでも、女性の方は気になるかもしれないので、パートナーが起きた後で問いただしてみるのが良いかもしれません。

 

寝言は本人も無意識のうちに発せられているのですが、夢の内容は覚えているかもしれないので、どのような状況だったのか少しは把握できるはずです。

 

その結果、二人の仲に亀裂が入る可能性も十分にあり得ますが、例えばこれから人生をともにしていこうと考えているのならば、本音で話し合う機会は絶対に設けなければならないので、避けては通れないと説明できます。

 

どちらにしても、このような寝言がたまにではなく、頻繁に引き起こされるようならば、生理的な現象というよりも、ストレスが過度に溜まったことで引き起こされている可能性が非常に高いので、まずはリフレッシュしてストレスを解消することを念頭におかなければならないのです。

 

ストレスを軽視している方は多くいらっしゃいますが、寝言だけではなくその他の様々な病気の引き金になるケースは珍しくないので、自分なりの方法で発散してみてください。


 

 

「寝言の特徴」に関するページ