寝言と暴言

 

 

寝言と暴言について

寝言で話す内容は人によって違いが生じており、中には「お前なんか死んでしまえ」「いい加減殴るぞ」という暴言を吐く方がいらっしゃいます。

 

寝言は自分が意識していないところで発してしまうという特徴があるものの、暴言が原因で人間関係に深く傷付き、トラブルが引き起こされるということは決して少なくありません。

 

暴言でも寝言であることには変わりないものの、一緒に寝ている方にとっては不快極まりないですし、眠りを阻害されてしまうこともあるので、何かしらの対処を行わなければならないのです。

 

寝言を完全に治すことはできませんし、人は誰でも小声でボソボソと寝言を発することはあるものの、暴言を吐くようなレベルの寝言は、心身ともにストレスが溜まっているからだと説明できます。

 

例えば、ストレスフルな職場でずっと働いており、普段は他人に対して文句を言えないような引っ込み思案の方は、寝言でストレスを発散させようと無意識に脳が働くため、暴言を吐くことが多いのです。

 

つまり、このような方は普段の生活でストレスを溜め込んでいる可能性が非常に高いので、どんな方法でも良いのでストレスを発散させるような試みをした方が良いでしょう。

 

ストレスが過度に溜まったり、季節の変わり目による急激な温度変化により、自律神経のバランスが乱れがちになり、眠りが浅くなっているために暴言を伴った寝言を発する機会が多くなります。

 

人によってその他に引き起こされる症状には違いがあるものの、自律神経の乱れによって十分に睡眠時間を取っていても眠りが浅いために睡眠不足となったり、途中で目が何度も覚めてしまう中途覚醒に悩まされやすくなるのです。

 

もし、日中の異常な眠気や倦怠感に襲われることが多いのであれば、自律神経の乱れによる眠りの浅さが、暴言を伴った寝言の原因かもしれません。

 

パートナーの性格によっては、我慢できるかもしれませんが、寝言が発端となって二人の仲が悪くなり、別れたり離婚したりといったケースは決して少なくないので、何かしらの対処は必要だと言えます。

 

そこで、まずはストレスを発散させることから始めるのがベストで、どのような方法でも良いのでリラックスできるようなことを探してみてください。

 

「自分の趣味の時間に費やす」「定期的に運動をする」「お風呂にゆっくりと浸かる」など少しでもストレスを緩和させれば、暴言を伴った寝言は徐々に少なくなるはずです。


 

 

「寝言の特徴」に関するページ