寝言と潜在意識

 

 

寝言と潜在意識について

皆さんの中には一度は潜在意識という言葉を聞いたことがあると思われますが、頭の中で意識していない部分のことを指し、願望の実現や幸せの追求のために欠かせない重要なファクターとなっております。

 

例えば、寝言が多いという彼氏が近くにいる場合、そこで話していることは果たして本当の彼なのか、潜在意識がこのように言わせているのか悩むかもしれません。

 

確かに、寝言で自分の全く知らない女性の名前が飛び出したりすると、浮気をしているのではないかと追求したくなる気持ちは分かりますが、あくまでも夢の話なので特に気にする必要はないのです。

 

潜在意識が寝言として飛び出しているという可能性もありますが、人にとっては奇想天外な夢を見ることもあり、現実世界とは掛け離れていることも多いので、夢のことに細かく突っ込まなくても良いと言えます。

 

自分の願望や欲求不満、精神状態などは潜在意識に含まれますし、それが夢となって視覚的に表れるため、寝言には何かしらの関係性があるかもしれませんが、無意識のうちに発している言葉で責められたとしても、当人にとってはどうしようもないことなのです。

 

ベッドパートナーが自分にとって不快な寝言を発することがあるかもしれませんが、あまり深く気にすることはないでしょう。

 

ただし、寝言を発している当人が一晩中喋り続けていたり、夢の中の状況に合わせて身体を動かすという症状が表れていると、睡眠障害の一つであるレム睡眠行動障害を発症している確率が高いです。

 

人間社会で日頃からストレスを溜め込みやすいという方ほど、レム睡眠行動障害にかかりやすく、寝ている間に凶暴な夢を見ることにより、勝手に身体が反応してしまう病気のことを指します。

 

正常な状態であれば、レム睡眠時に夢を見ていても、身体が動くということはありませんが、レム睡眠行動障害で悩まされている方は無意識のうちに激しい寝言などを発してしまうのです。

 

潜在意識が寝言としてたまに飛び出るという症状だけで、この病気を疑う必要はないものの、ベッドパートナーに危害を加えるということも少なくありません。

 

そのため、精神科を受診して早めにレム睡眠行動障害の治療を行い、症状の改善を図った方が良いというわけです。

 

実際に、イギリスでは2008年に妻を夫が殺害してしまうという事件が引き起こされました。

 

このような最悪の事態を防ぐためにも、レム睡眠行動障害の疑いがある方は決して放置しないようにしてください。


 

 

「その他」に関するページ