寝言のエピソード

 

 

寝言のエピソードについて

寝ている間の寝言は無意識のうちに発しておりますし、自分は完全に夢の中ですので、どのような内容を話しているのか分かりません。

 

一緒に寝ているベッドパートナーにしか、その寝言の内容は分からないのですが、皆さん色々なエピソードを持っております。

 

家族ならばまだしも、友人や恋人に指摘されると恥ずかしいエピソードを持っている方もおりますが、笑いのネタになることもあるのです。

 

たくさんのエピソードがあるので、全てを説明することはできませんが、このページではその一部をご紹介しているので、他の人がどのような寝言を発しているのか是非チェックしてみてください。


感情が大爆発する

寝言のエピソードで最も多いのが、寝ている最中に感情が大爆発するということで、「急に号泣する」「怒鳴り声をあげる」といったように人によって様々です。

 

通常の寝言であればそこまで気にする必要はないかもしれませんが、感情を伴った寝言の場合はストレスが過度に溜まっている可能性があります。

 

日頃のストレスや疲れが寝言となって表れたと説明できるので、溜め込まないように上手くリフレッシュした方が良いでしょう。


奇想天外なことを言う

寝言で奇想天外なことを言い、一緒に寝ていた人を笑わせてしまうというエピソードを持っている方はいらっしゃいます。

 

どのような内容なのか一概に説明することはできませんが、トンチンカンな会話や今まで話したことのない内容を発することもあるので、一緒に寝ている人は面白おかしくて笑ってしまうというわけです。

 

とは言え、一晩中に渡ってブツブツと寝言を発していないのであれば、生理的な症状の範囲内なので、特に問題はありません。


仕事の内容を言う

寝ている時やプライベートの時間は仕事のことを忘れたいものですが、激務に追われているという方ほど、寝言として仕事の内容を発することがあります。

 

接客業をしている方は「いらっしゃいませ〜」と言ってしまったり、医師関連の仕事をしている方は、CTやMRIの画像を読み込む内容の発言が寝言に表れるのです。

 

それだけ仕事のことを一生懸命に考えている証拠ですが、あまりにも酷い方はストレスを抱えすぎているかもしれないので、少し発散するようにケアしてみてください。


話したことのない外国語を発する

中には、今まで話したことのない外国語を発するというエピソードをお持ちの方がいらっしゃいます。

 

隣で寝ている方はその寝言にビックリすることもあり、前世の影響か何かと不安になるかもしれませんが、テレビの影響という可能性は十分にあるのです。


 

 

「その他」に関するページ