意味不明な寝言

 

 

意味不明な寝言について

寝言を発する方の中には、日常生活の中で口にしないような意味不明な単語を話す方がおり、隣で寝ているパートナーは驚いてしまうはずです。

 

具体的にどのようなことを言うのかは人によって異なるので一概には説明できませんが、意味不明な寝言を発する場合、高熱といった病気にかかっている可能性が高くなります。

 

これは生理的に引き起こされる心配のない寝言とは異なり、病的な寝言に分類され、その病気を治さなければ症状を改善することはできないのです。

 

とは言え、高熱が下がって正常な状態となれば、意味不明な寝言を発することは少なくなるはずなので、パートナーは温かく見守ってあげた方が良いでしょう。

 

高熱によって引き起こされている症状というよりも、単なる夢だと捉えることもできるので、病院で病気をきちんと治せば、このような発言は少なくなるはずです。

 

寝言は未だ研究中の現象で、科学的にこれといった原因は見つかっておらず、夢に影響されて言語を司る神経が刺激され、寝言として発すると考えるのがメジャーだと説明できます。

 

いきなり意味不明な寝言を隣で言われるとビックリしてしまうかもしれませんが、本人にとっては自覚がないですし、発症している病気が治れば寝言も少なくなるはずです。

 

それに、身体的に何も異常がなかったとしても、何かしらの拍子で寝言を発することはありますし、それが意味不明な単語だとしても、生理的な現象の一つなので、心配する必要は全くありません。

 

生理的な寝言は小さな子供によく見られ、親御さんは子供が何かとんでもない病気にかかったのではないかと不安になるかもしれませんが、大人に成長していくにつれて症状は治まっていきます。

 

気が付いたら意味不明な寝言を発さなくなっていたというケースが多いので、特に専門的な治療を行う必要は全くないのです。

 

ただし、大人になっても寝言が治らず、尚かつ小声でボソボソと発するのではなく、叫んだり怒鳴ったりといったように感情的な寝言が多いという方は、ストレスが過度に溜まっている可能性があります。

 

実は、寝言とストレスには密接な関係性があり、ストレスを過度に受けていると言語中枢が目を覚まして、訳の分からない寝言を話すようになるのです。

 

ぐっすりと眠れている状態で言語中枢が起きることはなく、眠りが浅い証拠なので、ストレスを緩和して不安や心配事を解消すれば、だんだんと寝言を発する機会は少なくなるでしょう。


 

 

「寝言の種類」に関するページ