寝言と睡眠薬

 

 

寝言と睡眠薬について

寝言を防止するために睡眠薬を飲んでいるという方がおり、確かにそのような効果が期待できます。

 

睡眠薬で必ずしも寝言を予防できるというわけではないものの、強力な作用の薬であればグッスリと熟睡できるので、眠りが浅くなることがなくなり、寝言を発しなくなるというわけです。

 

寝言は無意識のうちに発しているので自分には特に悪影響はないものの、一緒に寝ているパートナーにとっては睡眠を妨害されてしまうので、どうにかして改善したいと考えます。

 

それに、一言や二言程度の寝言であれば、ベッドパートナーが起きることはありませんし、害を与えることは少ないのですが、症状が進行するにつれて大声で叫ぶようになったり、酷い場合には暴力を振るうこともあるのです。

 

一緒に寝ている方にとって、このような生活が長期的に続くとたまったものではないので、睡眠薬を服用してグッスリと眠るというのは一つの選択肢だと言えるでしょう。

 

しかし、睡眠薬を服用して眠ったとしても、一時的な対処にしかなりませんし、寝言が完全に治まるというわけではないのです。

 

不眠症といった睡眠障害で、仕方なく専門医の指示で睡眠薬を服用しているのならばまだしも、副作用が引き起こされるということを頭に入れておかなければなりません。

 

現在、病院で処方される睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系や非ベンゾジアゼピン系の薬で、強い催眠効果があるものの、危険な副作用は以前と比べて格段に少なくなりました。

 

とは言え、薬だということには変わりないので、日中の眠気や脱力感、筋肉に力が入らない筋弛緩作用、そして身体の中に睡眠薬の成分に対する抗体ができて、一定量を服用しても効き目がなくなるといった症状が引き起こされます。

 

不眠症やうつ病といった症状は辛いので、睡眠薬に頼りたくなるという気持ちは十分に分かりますが、寝言を改善するだけの目的で服用するのは危険なのです。

 

また、睡眠薬だけでは眠れないということで、アルコールと一緒に摂取する方がいらっしゃいますが、薬の効果が強くなりすぎて記憶障害が引き起こされるかもしれないので、絶対に止めてください。

 

どうしても寝言を抑えたいというのならば、ストレスを溜め込まないような対処を行ったり、快眠サプリメントに頼ったりする方が安全だと言えるでしょう。

 

100%効き目があるという方法ではないものの、少しは症状を和らげられるかもしれないので、チャレンジする価値は大いにあります。


 

 

「寝言と精神病」に関するページ