寝言と寝不足

 

 

寝言と寝不足について

寝不足が原因で寝言を発しやすくなるというわけではないものの、眠りの浅いレム睡眠時に寝言が多いと言われており、十分な睡眠がとれていない可能性が高いので、寝不足で悩まされることは十分にあります。

 

寝言は本人の自覚が全くありませんし、どのように解消すれば良いのか分からないかもしれませんが、一緒に寝ているパートナーの睡眠を阻害して寝不足で悩ますことは少なくないのです。

 

そのため、寝言の症状が続くようでしたら早めの治療が必要なので、ストレスや疲れを解消するように心掛けるのが良いでしょう。

 

どんなに健康な人でも、レム睡眠時に夢を見ているとその時の内容を寝言として口走ってしまうことはありますが、これが壁を殴ったり大声を上げるという症状に繋がると、睡眠行動障害になります。

 

このような状態が長く続いていると、寝言を発している本人だけではなく、近くで一緒に寝ている人も寝不足となるので、医師の診察を早めに受けた方が良いというわけです。

 

原因が解明されていない症状なのですが、専門医の診断を受ければ、日常生活の見直しなど幾つかのアドバイスをくれるはずなので、症状を和らげることはできます。

 

「仕事が忙しい」「プライベートが忙しい」ということで寝不足の状態を保っている方がいらっしゃいますが、心身ともに疲労が蓄積されて日常生活に悪影響を引き起こすので十分に注意しなければなりません。

 

寝不足によって生じる症状としては、記憶力の低下や思考力の低下、集中力の低下といったものが挙げられ、些細なことに対してもイライラしてストレスを溜めやすいという特徴もあります。

 

寝言は心身の疲れによって引き起こされることもあるため、寝不足によるストレスが更に寝言を発しやすくしている可能性はあるのです。

 

寝不足の原因は言わずもがな睡眠時間が不足して確保できていないことなので、まずはゆっくりと眠る時間を作るような対処を試みた方が良いでしょう。

 

お仕事が忙しくて眠る時間を確保できないという現代人は多いものの、寝言が増えるだけではなく、免疫力が低下して様々な病気を併発することがあるため、ゆっくりと休息する時間を作ることは大事です。

 

いくら栄養バランスの取れた食事をしていても、睡眠不足ですとコンディションを崩しやすくなるため、布団やベッドを清潔に保ったり、安眠グッズを使ったりしてみてください。

 

寝不足の状態が改善されればストレスも緩和されるはずなので、寝言の回数や頻度も減るはずです。


 

 

「寝言の理由」に関するページ