寝言とダメージ

 

 

寝言とダメージについて

寝言を発している人に対して返事をすると、その人の脳がダメージを受けるということをご存知ですか。

 

「眠っている時には魂が人体から離れる」「枕の語源が魂の宿るところ」と色々な理由が考えられておりますが、寝ているとは言え、その人の脳に刺激を与えることとなるため、ダメージを受けると考えられております。

 

寝言で普通に会話しているような言葉を発することがあり、自分に話しかけているのかと勘違いして、答えてしまうかもしれませんが、ダメージを受ける可能性があるため、やめた方が良いというわけです。

 

そもそも、寝言は脳の眠りが浅いレム睡眠の時に発することが多く、この状態は身体はしっかりと眠っているけれど、脳は起きているという状態となります。

 

もちろん、脳も眠っているノンレム睡眠の時に寝言を言うこともありますが、レム睡眠の方が圧倒的に寝言を発することが多くなるでしょう。

 

この時は、目玉が上下左右に動いており、脳の一部が起きているため、言葉を司っている部分が刺激を受けやすく、その影響で寝言を発することが多くなるのです。

 

つまり、脳の眠りが浅い状態の時は、言葉を発する部分がこっそりと起きているため、身体は寝ていてもあまり休めておらず、その状態の人に話しかけることによって、脳がダメージを受けてしまいます。

 

意識は寝ているものの、相手の返答に大して返事をしようとするので、脳が休むことができなくなり、寝ている人の神経を疲れされ、更に浅い眠りとなってゆっくりと休めなくなるというわけです。

 

もちろん、言い伝えや宗教的なもの、科学的な裏づけがあるものなど様々ですが、脳に刺激を与えるという意味では寝言に返事をしない方が良いのかもしれません。

 

人の寝言を聞くのは面白いですし、なぜそのような言葉を発しているのは不思議となり、話しかけたくなるという気持ちは大いに分かりますが、その人を休ませてあげるためにもそっと見守ってあげた方が良いのです。

 

あまりにも寝言の声が大きかったり、回数が多かったりすると、近くで寝ている人は眠りを阻害されてしまうため、辛いと感じるかもしれませんが、特にリアクションをせずに無視することをおすすめします。

 

本人も意識して寝言を発しているわけではなく、無意識のうちに話しているので、対処のしようがないと言えるでしょう。

 

それでも、過度のストレスによって寝言を発していることが多いため、その事実を伝えてあげてください。


 

 

「寝言の理由」に関するページ