寝言とアルコール

 

 

寝言とアルコールについて

夜に眠れないということで、少しでも寝付きやすくするためにアルコールを摂取している方は多くいらっしゃいますが、実はアルコールが原因で寝言を発することが多くなると言われております。

 

寝言の発生要因は詳しく解明されておらず、本人の意識とは別に発することが多いので一概には説明できないものの、飲酒することで寝言が増えてしまうのです。

 

具体的なアルコールの量は特に不明ですが、寝る前にお酒を飲んだり、飲み会で泥酔してそのままベッドに倒れこんで寝てしまった場合、アルコールは熟睡を妨げるので、レム睡眠中に寝言を発するというのは決しておかしな話ではありません。

 

もちろん、少量のアルコールであればそこまで問題はないかもしれませんが、個人差はありますし、お酒が原因の可能性は否定できないので、寝言を改善したいのならばアルコールを控えた方が良いです。

 

確かに、寝る前にアルコールを摂取することにより、血行を良くしてくれますし、ストレス解消ともなるので寝付きが良くなるという特徴があります。

 

実際のところ、アルコールを摂取することで体温が下がり、その影響で眠くなると科学的に証明されているものの、飲んでから3時間程度経過すると二日酔いの犯人であるアセトアルデヒドという物質に変わり、交感神経を刺激して体温を上げてしまうのです。

 

人間が眠っている時は、もう一つの自律神経である副交感神経が優位な状態となりますが、交感神経が刺激されるとリラックスを保てなくなるため、睡眠の質が悪くなるということはお分かり頂けるでしょう。

 

それに、お酒には利尿作用があるので、途中でトイレに行きたくなったり、アルコールを分解する際に水分が必要となるため喉が渇き、目覚めやすくなってしまうというわけです。

 

このような状態ですと、寝言も発しやすくなりますし、熟睡を妨害する大きな原因ともなるので、なるべく寝る前にアルコールを摂取しない方が良いと説明できます。

 

睡眠をしっかりととれていないと身体が十分に回復できませんし、疲れがとれず日常生活に悪影響を及ぼすという可能性も十分にあるので、お酒とは上手に付き合っていかなければならないのです。

 

寝る前のアルコールをやめたからといって、絶対に寝言を発しなくなるというわけではありませんが、生活習慣の乱れやストレスが溜まっているとお酒や睡眠薬に頼らなければ眠れなくなります。

 

そのため、精神的なストレスを溜め込まずに、上手く発散させるようにしてください。


 

 

「寝言の理由」に関するページ