寝言の理由

 

 

寝言の理由について

寝ている最中に不自然な言葉を発することもある寝言が、どのような理由によって引き起こされているのか、気になるという方は多いはずです。

 

一人で暮らしているという場合、近所迷惑になるような大声ではない限り、誰にも迷惑を掛けることはないものの、家族や恋人と暮らしている場合は、自分の寝言によって快眠を阻害してしまいます。

 

生理的な現象によって生じることがほとんどですが、寝言の理由は幾つか存在するので、このページを見てきちんとチェックしてみてください。


生理的現象によるもの

人間はノンレム睡眠とレム睡眠を無意識のうちに繰り返して寝ておりますが、眠りの浅いレム睡眠は夢を見やすく、その内容を寝言で発してしまうことが多くなっております。

 

寝ている最中に、人の言語を司っている脳の言語中枢が目覚めることが理由で、わめき声や怒鳴り声といった寝言を発してしまうというわけです。

 

もちろん、これは生理的現象の一つですし、誰でもレム睡眠の状態は存在するので、仕方のない現象だと説明できるでしょう。


精神的なストレス

精神的なストレスが加わっていることが理由で、寝言を発することがあります。

 

子供の寝言は生理現象であることが多いものの、大人になってから引き起こされるという方は、過度のストレスが溜まっていることが原因で、ストレスを上手く発散できていないと引き起こされてしまうのです。

 

他のページでも詳しく説明したのですが、あなた自身に強いストレスが溜まれば溜まるほど、寝言の回数や頻度は増えるという特徴があり、そのストレスを解消できなければ根本的な改善は難しいと言えます。

 

場合によっては、カウンセリングや薬物療法を受けた方が良いものの、まずはストレスを感じないように予防したり、ストレスを受けても運動や自分の趣味の時間に費やして、溜め込まないように心掛ければ問題はありません。


身体的な病気

身体的な病気が理由で寝言を発することがあります。

 

特に、インフルエンザにかかって高熱を出している場合、その病気によって意識がもうろうとし、うわごとのような寝言を発するというわけです。

 

もちろん、病気が原因となって引き起こされているので、その病気を治せば寝言はそこまで気にならなくなるでしょう。

 

他にも、睡眠中に無呼吸の状態が何回かに渡って続く睡眠時無呼吸症候群が理由で引き起こされることもあり、いびきや無呼吸が確認できた場合、この病気が疑われるので、早めに治した方が良いです。


 

 

「寝言の理由」に関するページ