寝言と寿命

 

 

寝言と寿命について

「寝言を言っている人に話しかけると寿命が縮むの?」という疑問を抱いている方がおりますが、これは完全に間違いだとは言い切れません。

 

眠っている人は、神話や民話の世界では現実世界とは違う別の場所に行っていると考えられており、寝言に話しかけてしまうと元の世界に戻れなくなるらしいのですが、これは完全に迷信です。

 

寝ている最中に魂が別の場所に行くということはあり得ませんし、寝言に話しかけること自体に大きな問題はないでしょう。

 

とは言え、寝言を言うということは、身体は寝ているのにも関わらず脳の一部が覚醒しているレム睡眠の状態が多く、精神的なストレスが溜まった時に引き起こされるという特徴があります。

 

そして、そのような状態で無理に話しかけて起こしてしまうと、ただでさえ眠りが浅いのに快眠を阻害することになるので体調を崩し、結果として寿命が縮まるというわけです。

 

寝言と寿命に科学的な証明がなされているというわけではありませんが、人の眠りを阻害するのは良くないので、寝言を発したからといって気にせず、そっとしておくのが優しさだと言えます。

 

寝言を発する睡眠状態で、外部からの影響をどのくらい受けるのかある程度解明されておりますし、寝ている人の邪魔をすればコンディションを崩して寿命が縮まることはあるので、注意が必要というわけです。

 

それでも、隣でスヤスヤと寝ている人にとって、隣で寝言をブツブツと言われるのはかなり辛い状態だと説明できます。

 

小声で話す程度ならばそこまで問題はないものの、寝言の症状が進むと大声を上げたり、叫んだりといった症状も引き起こされるようになるので、今度は隣で寝ている人の睡眠が阻害されて、寿命が短くなる可能性があるというわけです。

 

それに、寝言の回数が多かったり、時間が長いという場合はストレスが過度に溜まっているかもしれないので、少しでも症状を和らげるためにストレスを発散しなければなりません。

 

寝言の原因に関してははっきりと解明されていない部分はありますが、ストレスによる影響を強く受けるということは分かっているので、リフレッシュして溜め込まなければ寝言は少なくなります。

 

病気の症状の一つとして寝言を発していることもあるので一概には言えませんが、他の病気を予防するためにも欠かせないことなのです。

 

自分が思っている以上にストレスを溜め込んでいることが多いので、十分に注意して生活を送ってみてください。


 

 

「寝言の問題点」に関するページ