寝言の反応

 

 

寝言の反応について

寝言は眠りの浅い時や眠りの深い時など、引き起こされる状態は人によって違いが生じているものの、基本的には身体は寝ているので寝言を発したかどうか自分では確認できません。

 

人に指摘されて始めて自分が寝言を発していることに気が付くのが普通ですが、稀に自分で発した寝言に自分で反応する方がいらっしゃいます。

 

かなり珍しいパターンですが、眠りが浅い状態で発した寝言に自分で反応し、寝言と見ている夢が繋がっているので、目覚めた時にその内容をはっきりと覚えているのです。

 

身体が寝ているのにも関わらず、睡眠中に寝言を言えることが不思議だと感じる方はおりますが、レム睡眠時ですと脳は起きているため、言語中枢と呼ばれる部分が働き、寝言を言いやすくなります。

 

さて、このようなメカニズムによって引き起こされる寝言ですが、周りの人がその寝言に反応すると、黄泉の国から帰ってこられなくなるという言い伝えがありますが、これはただの迷信です。

 

魂がどうこうというのは迷信なので、寝言を発している人に対して何かしらの反応をしても特に問題はないでしょう。

 

しかし、寝言は脳が覚醒しているのにも関わらず身体は寝ているレム睡眠時に引き起こされることが多く、その内容に他人が反応すると、脳は外部の刺激に反応していることとなり、安眠できずにコンディションを崩すという可能性は十分にあります。

 

特に、大声を出したり叫んだりといった激しい寝言を発している場合、ストレスが過度に溜まったことで引き起こされていることがあり、眠りを阻害されることで更にストレスが溜まってしまうのです。

 

ストレスが溜まれば溜まるほど、寝言の回数や長さは増えるという特徴があるため、寝言を言っている人に対して反応してはいけないというのは、あながち間違ってはおりません。

 

パートナーの寝言によって起こされてしまうこともあるため、静かにしようとして反応したくなる気持ちは十分に分かりますが、本人も悪気があって寝言を言っているわけではないので、起こさない方が良いというわけです。

 

眠りが妨げられれば、脳は余分な作業を行わなければならなくなり疲れてしまうはずなので、休んでいる時はきちんと休ませる必要があります。

 

とは言え、寝ている人に迷惑が掛かることは十分にあり得るので、あまりにも寝言の症状が酷いという場合は、一度専門医の診断を受けてみてください。

 

もしかしたら睡眠障害かもしれないので、その判断を専門医に委ねるべきです。


 

 

「寝言の問題点」に関するページ