旦那の寝言

 

 

旦那の寝言について

旦那と一緒に生活をしていると、寝る際も一緒なので、寝言を耳にするという機会が増えるかもしれません。

 

寝言では本人の意識はなく、支離滅裂なことを発するので、旦那の寝言に笑わされて楽しく生活しているという夫婦はいらっしゃいますが、トラブルの原因となるのも事実です。

 

例えば、旦那さんが寝言で「○○子さんが好き」「○○子さんは可愛いな〜」と自分ではない女性の名前を発していたら、奥さんはその女性が誰なのか気になってしまいます。

 

しかも、「好き」「可愛い」といった感情が入っているのならば、尚更どのような関係にあるのか気になりますし、奥さんは自分を愛してくれていないのかと不安になるはずです。

 

もちろん、寝言なので本人も全く覚えていないという可能性はありますし、それだけで旦那さんを疑うというのはちょっとやり過ぎかもしれませんが、気になるのであれば一度問いただしてみることをおすすめします。

 

それが喧嘩の発端となることはありますし、二人の関係がギスギスとした感じになるかもしれませんが、どちらにしてもお互いに冷静に話し合う機会を設けるのは大事なので、良い機会だと思った方が良いでしょう。

 

とは言え、寝言は夢の中での出来事を口走ってしまうことが多く、それが事実だとは限りませんし、空想上の全く知らない女性だということも考えられます。

 

つまり、旦那さんが寝言で知らない女性の名前を口走っていたとしても、それが実在しない人間でもおかしくはないので、奥さんはそこまで気にする必要はないのです。

 

これは男性に限った話ではありませんが、奥さんのことを含めTVで見た女性や目を通した雑誌、街を歩いていて見掛けた美人など、様々な顔と名前が頭の中で記憶されます。

 

そして、睡眠中にそれを早送りして整理しているので、寝言で知らない女性の名前が出てきてしまったとしても、全くおかしな話ではありません。

 

そのため、寝言だけで浮気や不倫を疑うというのはちょっと酷なので、旦那さんを信じてあげるようにしてください。

 

それに、寝言を頻繁に発しているのならば、ストレスが溜まっていることが大きな原因かもしれないですし、仕事の苦労を抱えていることも十分に考えられるので、奥さんはしっかりとサポートするべきです。

 

あなたのために、辛い仕事を毎日のように頑張ってくれているのですから、ストレスは嫌でも溜まるはずですし、その頑張りにきちんと応えなければならないと説明できます。


 

 

「寝言のメカニズム」に関するページ