子供の寝言の原因

 

 

子供の寝言の原因について

大人だけではなく、子供も寝言を発することがあり、今まで話したことのないような言葉を発することで驚いた経験をした親御さんは、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

実は、子供の寝言の原因はハッキリと分かっておらず、眠りの深いノンレム睡眠と眠りの浅いレム睡眠の両方の状態で引き起こされることがあります。

 

それに、うめくような激しい寝言や、はっきりと誰かと会話をしているような寝言までバリエーションは多く、何か先天性な原因があるのではないかと不安になるはずです。

 

しかし、大抵は心と身体に何の異常もない生理的な現象であることが多く、寝言の回数や頻度は大人になるにつれて徐々に減少していくという傾向があるので、そこまで心配する必要はありません。

 

稀に大人の寝言の原因と一緒で、ストレスを感じていると寝言を発することが多くなるみたいですが、特に治療を行わなくても温かく見守ってあげれば問題はないというわけです。

 

ただし、睡眠障害の一つで、寝ている最中に突然大きな声を出したり、わめき声を上げて目を覚ますといった夜鷲症(やきょうしょう)にかかっている子供はいらっしゃいます。

 

夜鷲症(やきょうしょう)は、小さな子供の男の子によく見られるという特徴があり、一定時間動悸が激しくなったり、呼吸が荒くなったりといった症状を併発し、自覚症状はほとんどないのです。

 

夜鷲症(やきょうしょう)を発症している場合、寝言を発することが多くなり、薬物療法や適切な運動指導が一般的な治療となっているものの、大抵の場合は思春期までに自然治癒するので、優しく見守るだけでも十分だと言えます。

 

それでも、自分の子供の症状が気になって仕方ないというのならば、一度専門医の診察を受けてみた方が良いでしょう。

 

以上のような原因によって子供の寝言が引き起こされる場合があるものの、多くの場合は身体的に問題があるというわけではないので、絶対に治療を行わなければならないというわけではないのです。

 

歯ぎしりも同じように睡眠中に引き起こされる症状ですが、子供の場合は生理的現象の一つなので、特に気にする必要はありません。

 

「歯が擦り減るから心配」という親御さんは多くいらっしゃるものの、子供の歯は永久歯が生えてくるまでの仮の期間なので、元々丈夫にできていないという特徴があります。

 

大人になっても繰り返すようでしたら、きちんと治療をしなければならないものの、子供の場合は成長とともに治まってくるはずです。