歯ぎしりが原因の寝言

 

 

歯ぎしりが原因の寝言について

寝言と歯ぎしりは全く異なる症状で、特に関係性がないと感じる方がいらっしゃるかもしれませんが、実は歯ぎしりが原因で寝言が増えている可能性も十分にあるのです。

 

どちらも同じ寝ている最中の症状であり、無意識のうちに引き起こされているので、全く自覚症状はないものの、心因性な要因によって生じていると考えられます。

 

他のページでストレスが原因で寝言を発する可能性があると説明致しましたが、実は歯ぎしりの原因もストレスが大多数であると考えられており、歯を食いしばることによってストレスを発散させているのです。

 

もちろん、歯と歯の噛み合わせが悪いことで生じていることもありますし、過度の飲酒や喫煙が危険因子であることには間違いないものの、日常生活の中で感じているストレスを発散できていないと、歯ぎしりとして寝ている最中に表れてしまいます。

 

このように、歯ぎしりが原因で寝言が生じているというよりも、ストレスを過度に溜め込んでいるからこそ、寝言と歯ぎしりの両方の症状が表れてしまうと考えた方が良いかもしれません。

 

また、インフルエンザといった病気にかかり、高熱を出した場合も寝言を発することがあり、辛い症状で何かと我慢しなければならない状態が続くため、歯ぎしりも同時に引き起こされることがあるのです。

 

子供の頃は寝言や歯ぎしりは生理的症状の一環として引き起こされることがあり、大人に成長するにつれてだんだんと解消されていくので、そこまで心配する必要はないでしょう。

 

しかし、何かしらの病気によって生じているのならば、その病気を治さないことには根本的な解決には至らないのです。

 

寝言であれば一緒に寝ている人が周りにいなければ迷惑は掛けないかもしれませんが、歯ぎしりをする時間が長いという方は、だんだんと歯を支える骨が影響を受け、歯のエナメル質が擦り減ったり、骨の隆起が引き起こされます。

 

上下の歯を強い力で擦り合わせるグラインディングや、歯を強く食いしばるクレンチング、カチンカチンと歯を鳴らすタッピングなど、歯ぎしりには様々な種類があるものの、どの症状にしても歯に大きな圧力が加わっているということは間違いありません。

 

ただの寝言や歯ぎしりだと感じている方はいらっしゃいますが、取り返しのつかない事態に発展する前に、きちんと治さなければならないのです。

 

どちらの症状でも自分で治すのは難しいかもしれないので、精神科や歯医者などを受診してみてください。