寝言がうるさい時は?

 

 

寝言がうるさい時はどうすれば良いの?

一緒に寝ている人の寝言がうるさいということで、悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

 

そのパートナーが兄弟なのか恋人なのか人によって異なるものの、一緒の部屋で寝ている以上、寝言がうるさいと快眠を阻害されてしまうので、どうにかして改善して欲しいと願うはずです。

 

恐らく、ごく一般的な寝言であれば、うるさいと思われることはないものの、怒鳴ったり大声を上げたりしているからこそ、パートナーに迷惑だと言われてしまうのではないでしょうか。

 

他人に迷惑を掛けるレベルの寝言は、生理現象とはとても言えないですし、自然と解消することはほとんどないので、きちんと対策を練らなければならないのです。

 

いびきならば一定のリズムで音が鳴るので、そこまで気にならないかもしれませんが、寝言は自分に話し掛けられているような気がしますし、夢の内容をハッキリと話すこともあるので、気が散ってしまいます。

 

寝言の完全な治療法はまだ確立されていないのですが、ストレスが溜まることで声量が大きくなったり、回数が増えたりといった症状が引き起こされるので、ストレスを溜め込まないように発散させるのがうるさい寝言を改善する一番の方法かもしれません。

 

寝言がうるさい人と一緒に寝ているという方は、睡眠不足で悩まされることもあり、耐え難い思いをしているかもしれませんが、そんなあなたも熟睡できる方法を試すべきです。

 

「眠りたいならば睡眠薬を飲めば良い」と考えている方はおりますが、薬には副作用がありますし、効き目が強いものですと依存する可能性があります。

 

そのため、睡眠薬に頼るのではなく、睡眠ホルモンと呼ばれているメラトニンを分泌させるために、毎朝7時から8時に太陽の光を浴びるべきです。

 

毎日15分ほど光を眼で感じると、メラトニンが効率良く分泌されるため、その14時間後には眠くなり、部屋を暗くすれば熟睡できるようになります。

 

また、寝具の選び方も非常に重要で、枕の高さや硬さ、布団の材質などが自分に適していないと快適な眠りを得られなくなるので、色々な寝具を試したり、高価なものを購入するようにしましょう。

 

枕の値段が高ければ高いほど良いというわけではないものの、少しでも良い材質を使っていれば、それだけ快眠を得られるようになります。

 

ある一つの対策を行うのではなく、色々な方法を試せば熟睡できるようになるので、パートナーの寝言がうるさいということで悩んでいる方は、是非試してみてください。


 

 

「寝言に関する疑問」に関するページ