寝言で叫ぶことはあるの?

 

 

寝言で叫ぶことはあるの?

寝言の内容は実に様々で、個人によって差が生じているものの、夢の中の内容がそのまま言葉に出るということが多くなっております。

 

もちろん、自覚症状はありませんし、無意識のうちに発してしまうので仕方のない症状なのです。

 

寝言は病気の一種だと捉えられておりますが、小言であれば健常者にもたまに見られるものの、叫ぶ・あえぐ・怒鳴るといった寝言を発する場合は、何かしらの病気の可能性があります。

 

多くの方は寝言と聞くと、何を言っているのか分からないレベルの単語をイメージするはずですが、寝言で急に叫ぶということも珍しくありません。

 

叫ぶ寝言や暴言を吐くという場合、生理的な寝言だと一言では片付けられず、レム睡眠行動障害といった病気の可能性が高いので、早急に改善する必要があります。

 

強いストレスを受けていたり、アルコールの飲み過ぎが原因でレム睡眠行動障害を発症することがあり、睡眠中に寝言だけではなく異常行動を引き起こすようになるのです。

 

もし、叫ぶような寝言が止まらないのであれば、この病気にかかっているかもしれないので、医師に相談した方が良いでしょう。

 

レム睡眠行動障害を患っていたとしても、睡眠中に軽く起き上がるだけの症状ならば問題ありませんが、叫ぶ寝言や暴力を振るう場合は改善が必要なので、きちんと治療を行っていく必要があります。

 

ストレスを解消したり、睡眠不足を解消するといった予防法が一般的ですが、重度の症状に悩まされているという場合は、クロナゼパムと呼ばれる抗てんかん薬が処方されるのです。

 

専門医から詳しく指示があるでしょうが、寝る前や夕食後にクロナゼパムを服用することで、大よそ1週間程度で異常行動がなくなっていきます。

 

完全に寝言や暴行がなくなるというわけではないものの、頻度は著しく減少しますし、約80%の患者さんが何らかの効果を得ているのです。

 

このように、クロナゼパムは非常に効き目のある薬なのですが、代わりに日中の眠気やふら付きといった副作用が生じるので、医師が指示する用法と用量をきちんと守らなければなりません。

 

この薬で思うような変化が得られない場合は、不眠治療に使われるメラトニンの投与が効果的だと言われており、患者さんの症状を見ながら専門医が処方していきます。

 

このように、ただの寝言だと甘く見ている方はいらっしゃいますが、大きな病気が潜んでいることがあるので、叫ぶような寝言には十分に注意してください。


 

 

「寝言に関する疑問」に関するページ