眠い時に寝言を言うの?

 

 

眠い時に寝言を言うの?

眠い時でも寝言を言うことはありますし、「眠い」という欲求が強いからこそ、このような寝言を発するのではないでしょうか。

 

恐らく、寝言を発している時は眠りが浅いレム睡眠の状態のことが多く、夢を見やすいため、その状況を寝言として口走ってしまいます。

 

つまり、「眠い」と寝言で発するということは、夢の中では起きていて眠りたいと望んでいる状態だと仮定できるので、かなり疲れていると予想できるのです。

 

現実世界では寝ているのにも関わらず、眠りたいという願望が強いほど疲れているのですから、身近にこのような方が寝ているのならば、そっと静かに寝かせてあげた方が良いと思われます。

 

このような寝言であれば特に異常はありませんし、疲れが溜まっている可能性はあるものの、健康が損なわれているような状態ではないので心配は無用です。

 

しかし、「眠い」「寝たい」といった単語ではなく、誰かと話しているような寝言を大きな声で話していたり、永遠と発しているような寝言は健康的だとは言えないですし、何かしらの病気に侵されている危険性があります。

 

寝言と深く関係している病気の一つとして、レム睡眠行動障害と呼ばれるものがあり、身体の緊張が低下しているレム睡眠時に夢の中の行動をそのまま移してしまうのです。

 

当サイトではこの病気について何回も説明致しましたが、例えば自分が夢の中で暴れているとすると、睡眠中でも大声を上げたり暴力を振るったりします。

 

無意識の状態で引き起こされているので仕方のない現象だと言えますが、身近にいる人に危害を加える可能性も十分にあるので、レム睡眠行動障害は危険な病気なのです。

 

夢遊病とは違って本人を覚醒させることは簡単で、異常行動を引き起こしていたとしても、一緒にいるパートナーが起こし、どのような夢だったのか確認するのが良いでしょう。

 

それでも、根本的な症状の改善には至りませんし、早めに改善しなければ取り返しのつかない事態になるかもしれないので、医療機関での治療が必要不可欠です。

 

ただの寝言だと楽観視している方は多いものの、レム睡眠行動障害のような怖い病気による症状かもしれないので、自分がどのような睡眠をしているのか把握しておかなければなりません。

 

何も異常のない寝言かもしれませんが、ストレスを自分で上手く処理できない方や、自分から意見を言わないという方は、レム睡眠行動障害になりやすいので注意してください。


 

 

「寝言に関する疑問」に関するページ