寝言に話しかけると?

 

 

寝言に話しかけるとどうなるの?

人の寝言は本当に面白いもので、奇想天外なことを言うこともあり、「この状態で話しかけるとどうなるのだろう?」という疑問を抱えている方がいらっしゃいます。

 

確かに、寝言を言っている人に話しかけたいと考えるかもしれませんが、寝言に話しかけると危険だと考えられているのです。

 

もちろん、ほとんどが迷信や言い伝えなのですが、眠りは神聖なものであり、寝言に話しかけると魂が現実世界に戻らなくなるので危険だという説があります。

 

また、魂が戻れなくなるという説と少々関係しておりますが、寝言に返事をすると死んでしまうとも言われているのです。

 

このようなことが起こるはずはありませんが、寝言と会話を行うと寿命が短くなったり、精神に異常を来たすというのは、あながち間違っておりません。

 

そもそも、寝言を発する状態というのは眠りが浅いレム睡眠時のことが非常に多く、脳の一部は起きているため、まぶたの下で眼球が動いているという状態も多く見られます。

 

このような状態の時に話しかけると、脳を刺激して働かせてしまい、ただでさえ眠りが浅い状態なので眠りの阻害に繋がり、十分に休めないということで寿命が短くなったり、精神的に悪影響が引き起こされると考えられているのです。

 

それに、レム睡眠時は現実生活と非常に酷似しており、この状態の時に発せられる寝言とは普通に会話ができる場合もあるので、脳はゆっくりと休むことができずに大きな負担が掛かります。

 

脳が休めなければ身体も十分に休むことができませんし、これが「朝起きても何だか疲れている」「眠った気がしない」と感じる大きな原因なのです。

 

以上のような理由から、寝言に話しかけるのが良くないということがお分かり頂けるでしょう。

 

一緒に寝ているパートナーは、自分に話しかけたのだと勘違いし、反応してしまうことがあるかもしれませんが、なるべくソッと寝かしてあげた方が良いのです。

 

寝言を言っている本人も、毎日のように引き起こされているわけではないのならば、特に気にする必要はありませんし、何か対策を打たなければならないということもありません。

 

とは言え、小声で話す寝言ではなく、大声を出したり、一晩中ブツブツと喋り続けているという症状ですと、病気によって引き起こされた寝言の可能性が高いので注意が必要です。

 

一概には言えませんが、睡眠障害を抱えていることも十分にあり得るので、なるべく医師の診察を受けるようにしてください。


 

 

「寝言に関する疑問」に関するページ