寝言が増えると?

 

 

寝言が増えるとどうなるの?

一言や二言の寝言であれば、特に心配する必要はありませんし、いびきや歯ぎしりと一緒で生理的な現象の一つだと説明できます。

 

しかし、あまりにも寝言の数が増えると、それは病気が原因で引き起こされている可能性が非常に高いのです。

 

もちろん、個人の体質によって寝言が多い方はいらっしゃいますが、明らかに増えるのはおかしいですし、絶叫したり怒鳴ったりといった症状が続くのであれば、病気が原因によるものか、強いストレスによる影響だと考えられます。

 

寝言が増える明確な原因は未だに解明されていないものの、肉体的な疲労やストレスが加わることで、十分に熟睡することができず、寝言を発するようになるのです。

 

快眠感を得られなければ、日中の疲れや眠気は更に溜まりますし、それが原因でストレスが増幅することも十分に考えられるので、この負のスパイラルから抜け出すためにも、ストレスを発散させなければなりません。

 

ストレスの発散方法は特に決まっているというわけではないものの、自分が「楽しい」「嬉しい」と思うことに熱中すれば、自然と解消されていくはずです。

 

しかし、命に関わるような事故や事件に巻き込まれ、その時の体験がフラッシュバックしてトラウマとなる心的外傷後ストレス障害になった場合は、リフレッシュするだけでは改善できないでしょう。

 

心的外傷後ストレス障害になると、毎晩のように悪夢にうなされることもあり、寝言の数は増えるだけではなく、夢の中で鮮明に蘇って叫び続けるという症状に陥ります。

 

この障害が原因で寝言が増えているのならば、自己ケアだけでは改善できないので、精神科や心療内科を受診し、専門医の指示に従ってカウンセリングや薬物療法で適切な治療を行っていくべきです。

 

他にも、睡眠中に数回に渡って呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群により、寝言が増えることがあります。

 

はっきりとした単語で寝言が聞こえることがないので、一緒に住んでいるパートナーでも見落としがちなのですが、いびきや呼吸停止を伴う場合は睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いのです。

 

肥満傾向の方や、目が覚めた時に熟睡した感じがしないという方は、この病気に悩まされやすいという特徴があるので、十分に注意しなければなりません。

 

以上のような病気で寝言が増える危険性があるものの、自分では症状の判断が付きにくいかもしれないので、不安な方は一度専門医の診察を受けてみてください。


 

 

「寝言に関する疑問」に関するページ