寝言とマウスピース

 

 

寝言とマウスピースについて

口の中の保護装置で、ボクサーなどが使用するマウスピースは、寝言の予防として利用できます。

 

実際に、マウスピースは歯ぎしりの予防として利用されており、口の中に装着することで歯ぎしりを減らすことはできないものの、上下の歯が直接触れないようにしてくれるため、歯の消耗を防げるというわけです。

 

マウスピースを装着しても寝言を完全に予防できないかもしれませんが、少しでも音を小さくすることはできるでしょう。

 

とは言え、寝言の根本的な治療にはならないので、激しい寝言やうめき声を治したいというのならば、ストレスを解消するような試みを行った方が良いかもしれません。

 

軽度の寝言であれば正常な方でも引き起こされますし、特に気にする必要はないものの、周りの人に迷惑が掛かるようであれば、そのパートナーの睡眠も妨害してしまうため、何かしらの対策を行うべきです。

 

マウスピースで一時的に寝言の発生を抑え、ストレスを和らげてリフレッシュできるような生活を心掛けていれば、少しずつ寝言は気にならなくなります。

 

もちろん、ストレスが全ての原因ではないものの、欲求不満がない時は静かに寝ているという方が多いので、適度な運動やバランスの良い食生活を心掛けてストレスを解消するのが、寝言対策として最も大事なのです。

 

また、マウスピースを使って予防する場合、同じものをいつまでも装着していると衛生面でいささかの不安が残るので、重曹とクエン酸を使ってしっかりと消毒を行いましょう。

 

普通の洗剤で洗っても良いのですが、重曹に一定時間マウスピースを付けた後、流水で濯いでクエン酸に付けることで、隅々の汚れまできちんと落とせます。

 

どちらの製品もドラッグストアで気軽に購入できますし、口内を清潔に保つためにも消毒は欠かせないのです。

 

寝言は自覚できないので自分が発しているということに気が付かないかもしれませんが、誰かから指摘された場合は何かしらの対処を行って防ぐようにしてください。


 

 

「寝言の治療」に関するページ