寝言と漢方

 

 

寝言と漢方について

寝言を漢方で治すことはできないと考えるかもしれませんが、漢方による治療は一つの選択肢だと言えます。

 

もちろん、寝言を直接抑えられるような薬はありませんが、寝言は睡眠不足や過度のストレスによって引き起こされていることが多く、漢方薬で体質改善を図ることで少しでも症状を和らげられるのです。

 

寝言は軽度の症状であれば特に問題はありませんが、睡眠時無呼吸症候群や心的外傷後ストレス障害といった病気が影に隠れている可能性があるので、早めに漢方薬を処方して体質を改善するのは良いかもしれません。

 

しかし、漢方薬は同じ症状でも人によって適した種類が存在するので、自分の判断で服用するのではなく、きちんと専門医の診断を受ける必要があります。

 

自分の体質に合わない漢方薬を使用したところで全く意味はありませんし、時間とお金の無駄になることは間違いないので、専門医や薬剤師の指示に従わなければならないのです。

 

それに、漢方薬を服用したとしても、直ぐに寝言が治るわけでもなければ、体質を変えることもできないので、医師の指示に従って長期的に服用していくことが大事だと説明できます。

 

このページでは、寝言の改善に効果的な漢方薬をご紹介しておりますが、服用する際は上記で説明した注意点を守るようにしてください。


桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

寝言で悩まされている方に最適なのが桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)で、神経の高ぶりを鎮め、ストレスを解消するという効果も期待できるので、心の状態を良好に保てます。

 

具体的に、夜尿症や不眠症といった治療に用いられており、精神面に関わる動悸の改善にも適しているので、寝言の治療として使われることもあるのです。

 

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)は漢方薬の中でも穏やかに作用するという特徴があり、用法と用量をきちんと守っていれば副作用が引き起こされることはないでしょう。


強衰性散(きょうすいせいさん)

神経衰弱症で悩まされている方に効果的な漢方が強衰性散(きょうすいせいさん)で、不眠症や自律神経失調症にも応用できます。

 

単なる寝言ではなく、その症状の裏には重大な病気が隠れているという可能性も十分にあるので、強衰性散(きょうすいせいさん)で体質改善を図るのは効果的なのです。


天王補心丹(てんのうほしんたん)

精神力を強める作用を持ち合わせている天王補心丹(てんのうほしんたん)も、寝言の改善に適した漢方薬となっております。

 

些細なことでイライラし、ストレスが溜まると寝言として発散させようとするので、余計に寝言が激しくなるのです。


 

 

「寝言の治療」に関するページ