寝言と薬

 

 

寝言と薬について

寝言は基本的に生理的に引き起こされる症状の一つであり、特に身体的や精神的に異常があるというわけではありません。

 

子供の頃に大きな声で寝言を発してしまう夜驚症であれば、思春期までに自然に治りますし、成人の場合はストレスの原因を見つけて解消するような対策を行えば酷い症状にはなりませんが、稀に服用している薬が原因となっていることがあります。

 

抗うつ薬や抗精神病薬、抗腫瘍薬といった薬を服用してから寝言が多くなったのであれば、薬を処方してもらった病院へ足を運んで自分の症状を伝えるべきです。

 

人によって薬を服用した際にどのような副作用が生じるのか異なるものの、上記で説明した薬には寝言が酷くなるという副作用があります。

 

もし、このような薬を服用していないのにも関わらず、寝言が酷くなったのであればストレスによる影響だと言えるでしょう。

 

自分ではストレスが溜まっていることに気が付かないことが多く、その精神的な負担を寝ている最中に発散しようと身体が働くため、寝言として表れるようになるのです。

 

子供の夜驚症であれば、成長するとともに症状は治まっていくので、優しく見守るだけで良いものの、成人になって大声を出すような寝言に悩まされているのであれば、自然に解消するのは稀だと説明できます。

 

ストレスを取り除くような努力をしたり、副作用のある薬を服用しないという対処によって、徐々に寝言の回数を減らしたり長さを短くしたりできるのです。

 

一人暮らしの方は誰かに迷惑を掛けるということはないため、寝言が激しくても問題はないかもしれませんが、ベッドパートナーがいる場合はその人の眠りを阻害する大きな原因となります。

 

それに、レム睡眠行動障害といった病気の症状の一環として、寝言が激しくなっている可能性も十分にあるので、不安な方は睡眠専門外来や精神科を受診した方が良いかもしれません。

 

レム睡眠行動障害で悩まされている方は、夢の内容をハッキリと覚えていたり、夢の内容に合わせて手足が動くという特徴があり、大声で寝言をあげるだけではなく、周りの人に危害を加えることもあるのです。

 

この病気にかかると自然治癒することはほとんどないので、医療機関で薬による治療を行う必要があります。

 

レム睡眠行動障害の治療には、抗てんかん薬や手足の震えなどを伴うパーキンソン病の治療薬が使われており、8割〜9割の方は症状の軽減が期待できるので、少しでも自分の症状に異常を感じたら病院を訪れてみてください。


 

 

「寝言を病院で」に関するページ