寝言を病院で

 

 

寝言を病院で

寝言を発するという症状だけでしたら、病院に通う必要は全くありませんし、病院へ行かなくても一人で対処できます。

 

寝言対策として最も重要なのがストレスの解消で、精神的なストレスが溜まっていると、それを発散させるために、寝ている時の寝言として発することが多くなるのです。

 

もちろん、個人差が生じる部分なので必ずしも寝言を言うようになるというわけではないものの、普段から自分の意見をあまり言わなかったり、感情を殺しているという方は、ストレスがだんだんと溜まって寝言として発散するようになります。

 

ただの寝言であれば病院へ行っても特に治療を行うことはできませんし、寝言に効き目のある特効薬は存在しないので、ストレスを定期的に発散させるという試みしかできません。

 

仮にストレスが溜まっていたとしても、何らかの方法で発散できていれば身体に異常が生じるということはありませんし、大声を出すような寝言で悩まされるようなことはないはずです。

 

しかし、生理的に引き起こされる寝言ではなく、睡眠障害の症状の一つとして寝言を発することがあり、この場合は自然と解消するのは難しいので、大きな総合病院や心療内科で症状を診てもらう必要があります。

 

寝言が激しいということで、一緒に寝ているパートナーから笑いものにされることも少なくありませんが、レム睡眠行動障害という病気が隠れていることがあるのです。

 

レム睡眠行動障害は、寝ている最中に突然大声で喋りだしたり、横で寝ている人に暴力を振るうような症状で、夢に合わせて身体が動いてしまう症状のことを指します。

 

夢の内容がそのまま行動として現実世界でも表れてしまい、事故や事件に発展するケースも少なくないので、ただの寝言では済まされないと言えるでしょう。

 

「怒るような寝言が激しい」「夢遊病のような症状がたまにある」「身に覚えのない打ち身が多い」という兆候があると、レム睡眠行動障害が疑われるので、早めに病院を受診して対策を練るべきです。

 

一緒に寝ているパートナーに危害を加えるということも珍しくない病気なので、自分一人の力で解決しようとせずに、病院で専門医の指示を受けて改善していく必要があります。

 

精神科や心療内科といった病院で治療を受けることができますが、睡眠に関する処置を行っている睡眠専門外来を頼るのがベストです。

 

ご自宅の近くにそのような病院があるかどうか、インターネットで調べてみてください。


 

 

「寝言を病院で」に関するページ