寝言の原因

 

 

寝言とは?

夜中に絶叫したり怒鳴ったりすることもある寝言は、本人が無意識のうちに言葉を発してしまうことを指します。

 

親に「昨日寝ている時にブツブツと寝言を言っていたよ」と指摘された方は、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

 

寝言は特に気にすることがないと考えている方は多いですし、実際にそこまで頻繁に寝言を言うわけでもないのならば、病気とは何の関係性もないので、心配する必要はないのです。

 

特に問題性のない寝言は子供の頃に多く見られるという特徴があり、成長するにつれて回数や長さが減っていき、大人になるとほとんど見られなくなります。

 

そのため、子供の寝言に関してはそっと見守るだけで良いのですが、大人になっても寝言が酷いという場合、日頃のイライラや夢の内容など、細かく言葉に発してしまうため、恋人とトラブルになるということも少なくありません。

 

一人暮らしの方は何も問題はありませんが、一緒に住んでいる人がいるのならば、自分が寝言を発しているかどうか、一度聞いてみてください。


寝言の原因について

基本的に、寝言は夢を見ている時に無意識のうちに発してしまうものですが、実は寝言の原因は存在するのです。

 

詳しい原因が分かっていないのは事実ですが、どのような原因の可能性があるのかこのサイトでチェックしてみてください。


日常的に感じる疲れやストレス

毎日のお仕事などで疲労が溜まっているのにも関わらず、十分に熟睡する時間が取れないという方は、寝言を発する大きな原因となります。

 

また、精神的なストレスが過度に加わっている場合も、それを発散させようと寝言を発する回数や程度が増えるようになるので注意が必要です。

 

特に、自分が命の危機に晒されるほどの事件や事故に巻き込まれた場合、その外傷後ストレス障害により、寝言を発して夜毎うなされるということも少なくありません。

 

ストレスを上手く発散できていれば問題はないものの、リフレッシュできていない方は、寝言を発する大きな原因となるので、自分の趣味などに没頭して解消する努力をするべきです。


アルコールの摂取

アルコールの摂取が必ずしも寝言の原因となるわけではないものの、お酒を飲むと熟睡できないという特徴があります。

 

確かに、睡眠を誘う効果があるのは間違いないものの、眠りが浅くなるので寝言を発する大きな原因となるのです。

 

寝る前にいつもお酒を飲むという方は、質の良い睡眠をとれていない可能性が高いので、できる限り量を少なめにしましょう。